大笠山 6月21日(日)晴/曇

富山県南砺市桂湖から300名山の大笠山(1822m)に行って来ました。
グレートトラバース200で田中陽希が大笠山からヤブ漕ぎして隣の200名山の笈(おいずる)ヶ岳に行っています。
そんなテレビ放送があったのでどんな山か興味がありました。
今回は所属する山の会の4人での定例登山です。
登山口にきてびっくり、多くの登山者が登って行きます(5時50分)

桂湖オートキャンプ場の奥に登山口があります。
DSC08097.jpg
湖の色がきれいです。
DSC08098.jpg
先ず大畠谷の吊橋を渡ります。
DSC08099.jpg
吊橋を渡ると5つの梯子が、続いてクサリがあり、高度を稼ぎますが、下を見るとビリリます。
DSC08100.jpg
ひと段落して下方を見ると幻想的な風景です。
DSC08102.jpg
しばらくササユリ街道
DSC08105.jpg
森の中、ハルゼミがうるさいほど啼いています。
ひたすら急登を進みます。
三角点のある天ノ又(前笈ヶ岳)8時30分
DSC08106.jpg
今度はアップダウンの道をひたすら進みます。
200名山の笈ヶ岳は雪のある時期にホワイトロードから登れるそうです。
DSC08108.jpg
ウラジロヨウラク
DSC08110.jpg
笈ヶ岳後方に白山が見えてきました。
DSC08111.jpg
アカモノが多い山です。
DSC08114.jpg
今から登る大笠山が見えてきます。
DSC08115.jpg
ギボウシ
DSC08116.jpg
昔の避難小屋跡、水場も枯れていてベンチのみ残っています(9時45分)
DSC08117.jpg
コイワカガミとマイズルソウ
DSC08119.jpg
ゴゼンタチバナ
DSC08120.jpg
エンレイソウ
DSC08121.jpg
ツバメオモト
DSC08124.jpg
笈ヶ岳の稜線が格好いい
DSC08122.jpg
奈良岳との分岐(10時25分)
DSC08126.jpg
コバイケソウ
DSC08127.jpg
ツマトリソウもたくさん咲いています。
DSC08129.jpg
5分もたたないうちに大笠山避難小屋
DSC08128.jpg
田中陽希の泊まったであろう小屋内部、きれいです。
DSC08142.jpg
大笠山頂上(10時35分)
DSC08130.jpg
三角点DSC08134.jpg
立派な方位盤
DSC08132.jpg
手作りの標識
DSC08133.jpg
頂上でまったりしますが、日差しが強く暑いです。
最後に田中陽希がヤブ漕ぎしたであろう所を覗いてみます(11時20分)
DSC08138.jpg
上りでは気付かなかったニッコウキスゲは一輪だけ
DSC08141.jpg
分岐のところに戻ると小さなハクサンコザクラ
DSC08143.jpg
小さなタテヤマリンドウも
DSC08154.jpg
立派な二本立ちのブナ、兄弟でしょうか
DSC08152.jpg
大きな檜
DSC08159.jpg
桂湖が見えてきて一安心
DSC08160.jpg
エメラルドグリーンの湖ですね。
DSC08164.jpg
クサリ場を越えて
DSC08165.jpg
吊橋を渡って登山口に到着(15時)
DSC08173.jpg
片道6,2㎞の行程でしたが、上り4時間45分、下り3時間40分もかかりました。
(累積標高差1549mあるそうです)
距離的には上小池から三ノ峰と同じですが、アップダウンのあるきつい山で前回の石徹白から三ノ峰の9㎞に匹敵する体力が必要でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント