富士写ヶ岳~小倉谷山~火燈山周回 4月11日(土)曇

コロナ緊急事態宣言のため、予定していた県外遠征の登山はやめました。
コロナ収束までしばらく県外登山はお預けです。
なので気軽に登れる県境の富士写ヶ岳にシャクナゲの様子を見に行きました。

大内峠の駐車場に9時過ぎ到着と遅かったですが、まだ空きスペースがありました。
駐車場そばのキケマンがてんこ盛り
DSC06867.jpg
富士写ヶ岳の登山口からスタート、今日は時計回りの周回です。
DSC06868.jpg
すぐに清楚なイカリソウ発見
DSC06870.jpg
40分ほどでイワウチワの大群落、アップで写します。
DSC06873.jpg
咲き始めは白っぽいです。
DSC06874.jpg
今年お初のオオカメノキ
DSC06875.jpg
キンキマメザクラは寿命が長いようです。
DSC06876.jpg
程なくシャクナゲ発見
DSC06878.jpg
でも蕾ばかり、やっと開花しているのを見つけました。
DSC06880.jpg
シャクナゲ蕾と小倉谷~火燈方面
DSC06881.jpg
スタートから1時間20分で富士写ヶ岳頂上
DSC06888.jpg
白いもの(雪?かな)が降ってきたので、すぐに出発します。
DSC06889.jpg
不惑新道もシャクナゲは開花していません。
DSC06892.jpg
ダンコウバイもありました。
DSC06895.jpg
一旦下ってまた登り返し、やっと富士写ヶ岳の高さまで戻ってきました。
DSC06896.jpg
スタートから2時間40分で小倉谷山到着、三角点名は伏拝だそうです。
DSC06902.jpg
スタートから3時間で火燈山到着、ここで30分の休憩します。
DSC06906.jpg
休憩後下りますが、火燈古道のシャクナゲがきれいです。
DSC06909.jpg
今週中が一番の見ごろでしょうか。
DSC06914.jpg
例年火燈古道は開花が早いようです。
DSC06915.jpg
富士写ヶ岳方面は1週間後か10日後?
DSC06917.jpg
もうすぐこのあたりはシャクナゲ街道となるでしょう。
DSC06921.jpg
蕾から開花しようとする時が一番好きです。
DSC06924.jpg
コブシとシャクナゲが競い合っています。
DSC06913.jpg
旧大内峠
DSC06926.jpg
火燈山から1時間で下山しました。
DSC06927.jpg
今日の登山者は単独か2~3名のグループで団体さんはいませんでした。
おかげで自分のペースで登山できました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント